お知らせ

行事

『夏越の大祓式』6月30日(木)午後5時斎行

ぜひご参拝にお出でください。

半年の厄を祓い、残り半年間の無病息災を祈る

「夏越の大祓式」とは

1年の前半最終日にあたる6月30日に行われます。12月晦日に行われる「年越(とごし)の大祓式」とともに日常生活で知らず知らずのうちに犯した過ちや心身の穢れを祓い清め、新たな気持ちで半年を過ごせるように祈願する節目の神事です。

形代:イメージ画像
人の形をした形代に自身の厄を託す

形代(かたしろ)祓い

下記作法にてご自身の厄を形代に託し、当社へお持ちください。

  • 一、お名前、年齢を書く
  • 一、身体の各所を撫でる
  • 一、息を三回吹きかける

※初穂料千円より 郵送も可能です

茅の輪(ちのわ)くぐり:イメージ画像
8の字にくぐり心身を清める

茅の輪(ちのわ)くぐり

「夏越の大祓式」では神事後に茅(かや)で出来た輪を8の字にくぐり抜ける「茅の輪くぐり」を行います。

これは「備後国風土記」に見られる、蘇民将来(そみんしょうらい)が茅の輪を疫病除けのしるしとした伝承に由来します。 古くは腰に付けたり首にかけていた小さなものでしたが、時代を経て大きくなり、それをくぐることでお清めをするようになりました。

境内での茅の輪くぐり。8の字を書くように茅で出来た輪を3回くぐり抜けます。▶︎

夏越ごはん:イメージ画像

新しい行事食「夏越ごはん」をご試食いただけます

茅の輪をイメージした “丸いかき揚げ” と “丸い器” “緑の食材”
& 邪気祓いをする “赤の食材” を使用

蘇民将来が素盞嗚尊を粟飯でもてなしたことから、「粟」と邪気を祓う「豆」が入った五穀米の上に、茅の輪を模した今が旬の夏野菜の「かき揚げ」をのせております。一年の後半の無病息災を祈念していただきます。

夏越ごはん▶︎
限定200食 神事後にご試食いただけます

早朝の太極拳

詳細

日程:(月) ~ (土) 早朝6:30 ~ 7:30 ※ (日)と雨天はお休み

(月)から(土)の早朝6:30より(※ (日)と雨天はお休み)、境内の大イチョウの近辺にてラジオ体操、ストレッチに引き続き、太極拳を行っています。先生は久嶋先生。


どなたでも自由に参加できます。早朝、緑の匂いを感じながら、体を動かすのはとても気持ち良いものです。赤坂近辺在住の方が、自由にお越しいただいております。早朝お時間がある方は、健康のためにもぜひご参加ください。